入試 + 立ち稽古

昨日は大学の入試2日目。セーラー服、学生服姿の受験生達の、若くて元気のある歌をたくさん聞き、彼らが大学内で大活躍する姿をイメージして楽しくなった。それでも一生に一度の入学試験、失敗しないように、ミスの無いようにと、受験生も試験官も大変緊張しての何時間かには正直大変疲れてしまった。

そんなに疲れながら、昨日はその後、夜からオペラ「友人フリッツ」の立ち稽古があった。

入学試験中は大学構内が立ち入り禁止になり、校内施設が使えないため、オペラの稽古会場も学外に出て探すことになった。スタッフが探してきたのが、大学からちょっと離れた地域センター内の学習室。老人や子供の声が響き渡っている中、スリッパに履き替えて小学校の教室のようなかわいい空間に皆集まった。

友人フリッツの物語は、南フランスはアルザス地方の農村風景の中に展開されてゆく。農園の地主で独身のフリッツと、その農園の小作人の娘スーゼルの純愛を描いている。昨夜は主なキャスト5人が集まって、演出家の指示に従って、お芝居を作ってゆく、立ち稽古が行われた。セリフ代わりの歌と音楽をだいたい憶えた状態で、実際に動きを付けながら歌を歌い、他のキャストとの芝居を作ってゆく。

私の昨夜の役は、副指揮者。本番の指揮者の代わりに、このような演出主体の初期の立ち稽古で、オーケストラ代わりのピアノと、舞台上の歌手達を指揮する。しかしこの段階ではまだまだ初期なので、指揮をしながら歌手達に歌の入るタイミングだとか、歌の最初の言葉などのきっかけを出してあげるのが大きな仕事となる。全3幕あるうち1幕と2幕分の基本的な動きを付けた。

このような稽古が何回も続けられ、芝居も歌も練り上げられていく。さすがに夜9時までの練習は久しぶりもあって疲れたので、早々に「お疲れ様!」をして帰宅。

今日からの10日間で物語と音楽に素晴らしい息吹が吹き込まれてゆく、乞うご期待 か!