研究所オペラ公演第2弾「友人フリッツ」

明日から入学試験が始まる。世の中の不景気を反映してか、音楽を目指すにしても手に職を付ける方がいいと、声楽離れが進んでいるのだろうか。例年3日間かかった入学試験が今年は2日間に短縮。内容のいい学生達が集まればいいかと思うしかない。

さて音楽研究所がオペラ公演を始めて昨年度はプッチーニ「つばめ-La Rondine-」を上演、大変大きな反響を頂いた。

今年度は研究の続いているイタリア・ヴェリズモ・オペラの中心的作曲家、ピエトロ・マスカーニの「友人フリッツ-L’Amico Fritz-」を取り上げ、普段は何もないこの年度末、3月に上演する。指揮、演出はプッチーニと同じ河原忠之、中村敬一が担当。イタリアオペラなどまるっきり初めてという学生中心のオーケストラを率いる難しさ、少ない予算でオペラらしく舞台を盛り上げる難しさ、両人の頭脳を絞りきったスーパーなパフォーマンスを期待したい。

声楽陣には国立出身の若手の歌い手先生方が新鮮なマスカーニを描き出してくれるだろう。このプロジェクトに研究参加している大学院生や外部受講生達によるソリスト、合唱もその熱気を帯びた演唱が楽しみだ。

3月5日、土曜日、15時開演、立川市柏町5-5-1、国立音楽大学の講堂大ホール。入場無料はぜひチェックされたし。